あなたに合うクレンジングはどれ?

顔を洗うことについて、いろいろ考えてみませんか。

クレンジングの選び方


クレンジングは「メイクを落とす」意味があります。
メイクは基本的に油分の汚れです。
それを落としてやることがクレンジングの基本です。
クレンジング剤に含まれる油分が、メイクの油分を浮かせて落とすのです。

クレンジング剤にも、様々な種類があり、あなたのお肌の状態やメイクの濃さなどによっても違ってきます。
間違ったクレンジング剤では、お肌を傷めてしまう原因となります。
しっかりメイクを落とすクレンジング剤は、お肌にも多少なりとも刺激になります。

今はネットでもクレンジングを詳しく調べているサイトが出ているので、そちらで調べて購入するのも良いでしょう
メイクの汚れをしっかり落とし、あなたのお肌を傷めない、お肌に合ったクレンジングを選んでくださいね。
ここでは、クレンジング剤について、ご説明いたします。


オイルクレンジング

油分の汚れのメイクを、油分で落とすので、汚れ落ちは抜群に良いです。
ポイントメイクなどもとてもよく落ちます。
メイクの汚れは、なるべくならお肌に残さない方が良いので、洗浄力に優れたクレンジングオイルはとても優秀です。

反面、お肌に必要な潤いまで強力に奪い去ってしまう危険性もあります。
乾燥肌に悩む方などは、お肌への負担が大きくなるので、あまり使用しない方が良いようです。

また、メイクはしっかり落とすのですが、オイルクレンジングランキング のヌルヌル感が嫌だという方も少なからずいらっしゃいます。


ジェルクレンジング

お肌のメイクとなじみが良く、さっぱりと汚れも落とします。
さっぱり感に優れているので、なかなか人気です。
オイルに比べると、若干なじみが遅いです。
「手のひらで馴染ませて」使用すると良いでしょう。

ジェルタイプのクレンジングの中には、保湿成分が配合されていて、保湿力に優れたものも存在します。
お肌が乾燥しやすい方は、こういった、保湿力のあるクレンジングを選ぶと良いでしょう。


リキッドクレンジング

液状で使いやすいタイプのクレンジングです。
コットンなどに含ませてふき取るタイプが一般的です。

洗浄力と、お肌への負担のバランスが一番取れています。
お肌が弱いけれど、しっかりメイクを落としたい!方は、リキッドタイプが良いでしょう。
オイルフリーなものを選ぶことをお勧めします。

シートタイプのクレンジングには、アルコールや防カビ剤などが含まれていますので、敏感肌さんは避けましょう。


ミルククレンジング

乳液のようなタイプのクレンジングです。
お肌への負担が少ない分、洗浄力には劣ります。
普段、ナチュラルメイク派の方にオススメ。

ベタつき感が無く、保湿力に優れた商品が多いです。
洗浄力に劣るので、ポイントメイクなどは、他のクレンジングで落としてから使用すると良いでしょう。


クリームクレンジング

クリームタイプのクレンジングです。
ミルクタイプ同様、お肌への負担が少ない分、洗浄力には劣ります。
「ちゃんと落ちている気がしない」といったデメリットもあります。 お肌には優しいのですが、ベタツク感じがするので、苦手な方も多いのです。
ただし、ベタつき感は、最近のクリームクレンジングはかなり改善されてきました。


保湿力もあり、お肌の弱い方にはオススメです。
Copyright (C)  顔を洗う毎日 All Rights Reserved